楽天でViveトラッカーを少しお得に買う話

Device

概要

Amazonの公式ショップだと17500円(2022年7月時点)ですが、楽天だと16980円(2022年7月時点)で売っています。
Amazonではポイントやキャンペーンが付けづらいですが、楽天だと色々ポイントが付けやすく、安く買える可能性が高いです。

Amazonの公式ショップ

Amazonだと17500円で売られているのが確認できます。アフィリエイト
ポイントは1%程なのでポイントを加味して17325円になります。

楽天市場

楽天市場だと16980円で売られているのが確認できます。アフィリエイト
ポイントは楽天のサービスを使ってる数によって変わるので、人によって異なりますが、私の場合は1632ポイント入ってくるので、ポイントを加味すると15348円でAmazon比で約2000円程安く買えます。

楽天ポイントの例

私の場合のポイント一覧

私の場合は楽天の色々なサービスを合わせて6.5%ポイント還元になっています。
楽天クレカを持っていて、楽天銀行を開設していて積立投資をしてる場合は3.5%になるので、ここに該当する人は多いんじゃないかと思います。
さらに、ショップ自体のポイントアップによって4%還元になっています。

さらに、楽天市場では0と5の付く日にポイントが2%増えるキャンペーンがやっています。
このキャンペーンを利用するには、下記の条件を満たす必要があります。

  1. 事前にエントリーをする
  2. 楽天クレカで決済を行う

利用するには楽天クレカを持っている必要がありますが事前エントリーをするだけなので、忘れずに活用しましょう。
エントリーはこちら → 【楽天市場】毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍

楽天カード

新規入会&利用でポイントプレゼント
楽天カードの新規入会特典ご案内ページ。楽天カードは年会費永年無料。ポイントを貯めたい方におすすめのスタンダードなクレジットカードです。24時間いつでもカンタン申し込み、ETCカード追加付帯可能

このように楽天のサービスおよび楽天のカードを使うとポイント還元で結構安くなります。
うまく使えば節約の強い味方ですが、クレジットカードのせいで支払いが多くなったり、クレカの支払いが遅れたりすると個人信用情報に傷が付くので気をつけましょう。
下記に注意事項をまとめます。

  • リボ払いはしない
  • クレカ作成時にリボ払いの項目は要確認、使わないようにしましょう
  • クレカが原因で支払いが多くなるようであれば利用を停止する(退会後に非常に細かく裁断)
  • 支払いの踏み倒しは個人信用情報の傷が付くので要注意

楽天クレカの主な特徴を大雑把にまとめると以下の通り

  • 電子マネーEdyのオートチャージに対応している。(Edyは対応店舗が多い)
  • ポイント優遇が多い。
  • 楽天ふるさと納税とキャンペーンを組み合わせる事で節約できる。
  • 一部の例外を除いてただ使うだけでも1%の還元があるので、固定費の支払いに使うだけでもトク。

コメント

タイトルとURLをコピーしました